ダイエットを成功するために食生活、運動と2つの方法を取り入れる

ダイエットを成功するために食生活、運動と2つの方法を取り入れる

摂取したカロリー以上にカロリーを消費すれば、その差が体のカロリーを体の脂肪から消費していきます。理論的にはカロリーの差がダイエットにつながります。

 

アスリートは、どんどん食べてもトレーニングでその分カロリーを消費しているからあまり太ることはありません。太っても筋肉になります。

 

では、食生活でカロリー摂取を少なくするか、消費カロリーを多くするか、一般の人が行なうのであればどちらがいいでしょうか。

 

消費カロリーを多くするには、運動が必要です。運動するには時間がかかります。時間があるような人であればいいのですが、忙しい社会人ですとなかなか毎日運動を行うことは大変でしょう。そうならば、やはり、食生活から始めるダイエットがベターな方法になります。食生活のメニューを考えておいて、3食の中に盛り込みます。考える時間は、歩いている時、電車での移動時間に考えます。朝、昼、晩の食事を作ることはありますので、新たな時間を必要とすることはありません。忙しい人向けのダイエットはやはり食生活を見直すのがよいのです。

 

しかし、食生活のダイエットには、実は落とし穴があります。ダイエットの食事はメニューをうまく考えないと、飽きてしまいます。また、同じ食事ばかりですと精神的にストレスがたまります。

 

ストレスが引き金となり食生活のメニューを破り、高カロリーの食事を取り、リバウンドしてしまうというケースです。

 

ダイエットを成功するためには、食生活、運動と2つの方法をうまく取り入れることが大切です。運動といってもジムで行うのではなく、フロアの移動を階段にしたり、歩くスピードを上げたりと普段の移動のスタイルを少し変えるだけでカロリーを消費するような運動になります。また、自宅での10〜15分ぐらいのストレッチトレーニングでもいいのです。運動により筋肉がつくと、代謝量がアップします。

 

代謝量がアップすると自然とカロリー消費につながります。食生活の見直しは、ストレスにならない程度に低カロリーにします。たまには、肉も食べてもいいですし、味の濃い食品もたべていいでしょう。短期間に行うのではなく長期にわたって食生活と運動を行うことが健康的なダイエットにつながります。